転職成功のためのコンサルティング
キャリアシート編 販売職
■キャリアとシート作成の留意点

販売職は、接客にはじまり、売上管理、スタッフ管理、ケースによっては仕入れなど、さまざまな役割が複合的に組み合わさった職種であるといえます。
また顧客志向性なども売上数字に比例して図る企業も多数あります。
数値化できるものは具体的に表しバランスのとれた幅広い経験をアピールしましょう。


職務経歴2
会社名
株式会社●●
在職期間
2000年8月〜2005年1月
業種
アパレル
事業内容
婦人服の企画・製造・販売
職種
販売職(レディース直営店)
正社員
具体的職務内容
<業務内容>
■担当ブランド:●●● ※1
 -ターゲット層
 -販路
 -価格帯

【販売接客】 
※2
(店舗体制/X〜XX名  ◆◆渋谷/▼▼▼新宿/日本橋●●屋店)
(店舗売上/X億X000万円〜X億円 個人売上/X000万円〜XX00万円)
(来店数)平日 X00名  休日X00名
※3
【顧客管理】
顧客カード整備し,購入頻度に基づきA-D分類し店舗催事開催時などの招致に使用。
店舗催事開催時 固定客30名来店 (固定客商品単価X0000円)
シーズンカードの郵送
(顧客比率 固定顧客:フリー= 6:4)
【商品管理】
本部に対して商品リクエストをかけ、発注や商品異動の権限は全て店舗担当。
【販売計画】
昨年実績を考慮し2割増目標を掲げ、百貨店催事を参考に集客率を分析し年間目標を月次ベースに落とす。顧客単価を日毎に解析し商品アイテム毎にスタイリングとして店舗スタッフに指導。繁忙期にポイントをおくのではなく日々の売上目標を1顧客分上乗せで安定的な接客をモットーとした。
【店舗VM】
メインウィンドウ以外は店舗内での企画・実行。
週2ベースでディスプレイ変更。 雑誌でとり上げられたシーズンイメージを自社商品でできる限り再現すること努める。
※4
【付帯業務】
・店舗及び個人別 売上/単価/セット率などの販売データ分析
・年X回の海外出張にてインポートマーケット把握
・営業会議の資料作成
※1
企業は即戦力を求めている為【販売ブランド】【販路】【価格帯】【ターゲット層】など、 募集ブランドと近い商材の取り扱い経験者を求める傾向にあります。また店長職の場合、店舗売上がスタッフを統括して上げた成果としてマネージメント力にも繋がる為、具体的な表現が必要とされます。

※2
【予算】【実績】【個人売上】など詳細を記入しましょう。顧客との接点が多い職種の為、数字の裏づけとして顧客満足度の向上を図る行動をしたことも明記するとよいでしょう。

※3
顧客管理方法は対人コミュニケーション力ならびに自己管理能力のひとつとして評価されます。 その為、読み手の目に浮かぶような具体性のある記述が効果的といえます。
接客の成功事例などを、顧客からの反応や周囲の評価を盛り込んで示しましょう。

※4
販売職は現場での裁量の幅が大きく、仕事内容が多岐にわたるのがこの職種の特徴です。「毎月の催事企画を担当した」「在庫管理と仕入れを任されていた」など評価の対象となるプラスアルファとなる経験は盛り込みましょう。
また店長職の場合はチームをまとめて目標達成をめざす力は注目される点です。
スタッフの管理やアルバイト指導・教育など、人材教育に関する経験は全て明記しておきましょう。