転職成功のためのコンサルティング
キャリアシート編 営業職
■キャリアとシート作成の留意点

【営業】の仕事を一言で表現するのであれば企業と企業を仲介する役目となります。
その為、企業は取引先とのリレーションを巧くとれている営業を求め
自社とのパイプ構築に有効な人材を求めるケースがあります。
また営業職についてはやはり数値で結果が明白に残るため、
数値構築の詳細に関して細かくアピールすることが有効となります。


職務経歴2
会社名
株式会社●●
在職期間
2004年8月〜2006年8月
業種
アパレル
事業内容
事業内容:婦人 企画 ・製造・販売・卸
職種
営業
正社員
具体的職務内容
<業務内容>
<百貨店営業>
【取扱商品】 XXXXXXXXXXX輸入婦人衣料
【主要取引先】 ●●百貨店X店舗 専門店 XX件 
※1
-百貨店バイヤーとの交渉(ロケーション リニューアル 新製品提案)
-店舗への商品供給数の決定
-販売促進計画立案
-販売員への指導等
-展示会発注
-消化率

◆卸営業◆
<業務内容>
【取扱商品】XXXXXX、XXXX  ○ブランド
【取引先】XXXエリア 専門店○店 地方セレクト○店 
※1
【営業売上】年間XX億円 
※2
-取引先 商品プレゼン (毎日 電話による状況確認 月1の定期訪問) A17
-催事企画及び運営
-代金回収
-値引き率改善 取引高拡大
-経費管理

◆OEM営業◆
<業務内容>
【取引先】XXXインターナショナル、XX商事、XXXアロー 
※1
【担当ブランド・ターゲットゾーン】8ブランド カジュアル 20-30後半
Jk20000-39000  SK13000-25000  BL15000-25000
【アイテム】 トップス中心 ブラウス・ニットカット コート ジャケット
【売上】 ○億5千万円 
※2
-商談  週2 クライアント打ち合わせ及びデザイン提案
-展示会○回 集客 30社
-提案型数 月40型 1企業 週5型ベース
-デザインチェック
-デザイナーとの打ち合わせ
-コスト管理
-生産管理への指示・確認
※1
どのくらいの規模に対して売上をとっていたのか、また提案をしていたのか強みとするゾーンはどこかなど採用する側は営業としての動きを見る為に取引先を指標とします。
強いコネクションのある取引先とのリレーション作りのエピソードをアピールしましょう。

※2
売上は数字のみを判断する材料ではなく営業としての【提案力】【交渉力】を図る材料ともされます。 また個人売上として数値を表現しにくい場合はチームでの数字を明記し、チーム内での自身の役割や統率をした立場であれば営業戦略などを具体的に明記しておきましょう。

★☆作成ポイント★☆
業務内容は全て箇条書きにし【行動量】を明確にしておきましょう。
具体的に書くことによって関連各署との職務連携ならびに自身の職務範囲の広さをアピールすることができます。 職務範囲が限られている場合は与えられた職務に対して【どのように工夫したか】【どのような提案をしていたのか】を明記すると営業としてのポテンシャルをアピールできます。