現状、弊社ブランドキャリアからご紹介するお仕事は、募集条件として実務経験が必要な場合が大半となりますので、経験のない方のご紹介は、難しくなります。
しかし、業界未経験で同職種のご紹介が成立したケース、業界経験者で未経験職種にご紹介が成立したケースなど、実績がございますので、ご相談ください。

異業種から同じ様な職種にご紹介成立したケース>

 
例1)ホテルのフロント職や、客室乗務員の方が、ラグジュアリー系の販売職に
 ご紹介が成立した。
 例2)異業種の秘書をされていた方が、接客やPR担当者のスケジュール管理など
 の業務が以前の秘書業務と近かった為、PRアシスタントとしてご紹介が成立した。


業界経験者が、異職種にご紹介が成立したケース>

 
例1)ファッション業界の販売経験者が営業職で紹介が成立した。
 例2)デザイナー職の方が、企画営業職でご紹介が成立した。

*大変申し訳御座いませんが、新卒者の方はお仕事経験が御座いませんので、ご紹介は大変難しくなっております。





※書類応募にあたって
未経験の場合でも、これまでの経験を具体的になおかつ簡潔に記述し、その中でも応募する職種との共通点や仕事への取り組みを強調することが大切です。「未経験ではあるがこの人に仕事を任せても大丈夫」と感じさせることができるかが否かが重要な鍵となります。
これまでの業種、取扱商品、ポジション、成果、評価されていた事などはできるだけ詳細をわかりやすく丁寧に記述してください。応募動機や、自己PRをアピールポイントとしてプラスすることも効果的です。

※面接に臨むにあたって
今まで携わった業務内容を正確に簡潔にお答えください。単なる憧れでなく明確な選社ポイントでの応募を印象づけられるように、ファッション業界未経験の方は特に業界研究をしておく事が大切です。なぜ未経験からでもこの職種に応募したのか、なぜ興味を持ったのかなど応募の動機を自分の言葉で答えることが必要です。同業種の場合も、なぜその企業に応募するのか、その企業に対する意欲が伝えられるようにその企業の取り組みやスタイルを理解して臨む事が大切です。「未経験ではあるが、以前経験した仕事を活かして何ができる」という事をアピールできると効果的です。このような事をしたい、このようになりたいなど、将来的なビジョンは面接時の質問事項として頻度が多いのでご自分の考えを整理しておくことが大切です。